2010年11月27日

闇市レポート

地元の南房総でイベントがあるってんで、ちょっこし帰省してきました。
東京駅からアクアライン通ってバスで2時間半くらいなんですけど
なかなか用事がなくて、年に3回くらいしか帰りません。

101127-1.jpg

廃墟ビルをリノベしたカフェ&住居&イベントスペース。
目の前は太平洋でロケーションはサイコー!
子供の頃は毎日この海っぺりをチャリで飛ばして
この先にある中学校へ通ってました。

101127-2.jpg

1階から3階までありとあらゆる店がでてます。
世帯数が3000もいかないこの過疎の町で、どこから人が集まってくるのか・・・
大半は房総へ移住してきた方々ですが、地元民もちらほら・・・
どっかで聞いた声が・・・と思ったら親戚のオバさんがいたり。
やたら暗く見えるのは外が明るいから。窓の向こうは海、海、海〜

101127-3.jpg

ワタシは1階のカフェの横に工房を構えるガラス作家のカチャさんとこに
スペース借りて出展しておりました。

101127.jpg

筆持って東京からきたかいがありましたよ。
いろんな字がかけて楽しかったです。
明るいのに「闇市」っつー名前がよくわかりませんが
来年も開催されることを願います。

101127-4.jpg

次の日はジョーダンみたいな快晴。
実家の花つみ園「フローラルビレッジ花の里」もバンバン観光バスが来ています。
南房総は冬がお花の季節なのです!

101127-6.jpg

家の周りにも「ねりね」という彼岸花をドピンクにしたような花が
咲き乱れてて目が痛いくらいです。

101127-5.jpg

いつもは白浜から東京までの直行便に乗ってしまうのだけど
乗り継ミスで久々に館山駅にきました。ここの景色好きー
せっかく天気がいいから久々にフェリーに乗ってみようと思い金谷港へ。

よく考えたら2000年のミレニアムの時、東京湾上で初日の出を見ようと
明け方のフェリーに乗って以来なので、10年ぶりの東京湾フェリー!

101127-7.jpg

向こう岸が見える・・・あっという間のフェリーだけどちょっと楽しい〜

次に千葉に帰るのはお正月。
posted by sanoa at 10:39| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

扇子とスモッグと海女まつり

最近は何でも100円で買えちゃってビックリですな。
この扇子も100円です。
シルバーとゴールドの絵の具で書くとちょっとおもしろい。

100707_1357~02.jpg

こないだ出たpenがの特集が「書」。
もちろん買うけど、なぜか読むのが面倒・・・
そして一緒に出てたキリスト教の特集を読みふけってしまう。

100710_2237~01.jpg

ウチは仏教だけど、芸術的にはキリスト教もヒンズー教もイスラム教も大好き。
「書」は・・・
どういうワケだかあまり作品に興味がない。
自分で作品を作りたい欲求も少なく、書いてるのが楽しかったり、
墨が和紙に滲んで行くのを見てるのが楽しかったりする。
なので、一応買ってみたけどサラ〜っとめくっただけ。

100714_1249~01.jpg

いよいよ光化学スモッグが本格的に出るような季節になった。
排気ガスがスゴイので、バイクに乗る時はこんな格好。
日焼け対策に長そでのジャンバーを着てるので、信号で止まると地獄・・・
顔真っ赤ですよもー

さてさて今週末はいよいよ「海女まつり」!
今年は天気よさげです。海も凪いでくれるといいんですけど。
19日と20日です。20日は平日なんですけど・・・
両日午後8時くらいから海に入ります。
ぜひ南房総白浜へきらしぇ〜お!

●2009年の海女まつり
●2008年の海女まつり

posted by sanoa at 03:59| Comment(5) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

漢字のはじまりを葛西で

CIMG2614.jpg

週末、葛西で古代文字教室を開催。
詳しくはコチラ「高円寺書道部」へ

CIMG2620.jpg

教室が終るととっとと外へ出て飲み会・・・
ちなみにワタシはバイクで来たので、お茶とアイス・・・

100704_1530~01.jpg

ここは江戸川の川っぺりで、川向こうにはネズミーランド・・・
そしてこの川が千葉と東京の県境。
もちろん“東京”ネズミーランドは我が千葉県。
成田空港も、スゴイネーミングの“東京ドイツ村”も千葉県にある!

途中雨に降られたので、東京駅近くの友だちの家に避難。
そしたら最近捨て猫を拾って来たらしい。

100704_1937~01.jpg

ペルシャと何かの雑種らしいが、犬の美容院だとお金がかかるので
病院で見てもらうついでにサマーカットを頼んだらしく、
なんだかものすごい髪型(?)になってた。

100704_2252~02.jpg

顔も頬の毛がまちまちでイビツに見える。おもしろい・・・
人相の悪い動物が好きでたまらない。
つまり、ワタシが気に入ってちょくちょく見に行くお宅のペットは
「人相が悪い」というコトになる・・・すみません。

ここんちの飼い主も「カワイーでしょ!」と怒ってました。

posted by sanoa at 14:20| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

漢字のはじまりを鴨川で

週末、アクアラインを通って南房総に戻り、
鴨川のカフェで古代文字教室を開いてきました。

CIMG2594.jpg

お茶飲みながらまったりやれるんで、気持ちいいです。
午前の部と午後の部の2回。
詳しくは「高円寺書道部」へ。

CIMG2601.jpg

ちょっと不思議なポーズでお習字しているこの方が、
年齢も性別も超えてローニャクナンニョに愛される、南房総の聖☆おにいさん。
放っとくと灰色のケーキとか焼いて、一人で踊ってたりします。
南房総の鴨川にきたらぜひ寄ってみてください。
「CARTOLA(カルトーラ)」

ヘアメイクから着付けから、いろんな人をキレイにして回ってる
さすらいの和装師(?)でもあり、カメ飼いでも犬飼いでもあるぐみっちょ
羽織を作ってくれましたっ!!
そういえば2年前くらいに「おもしろい布手に入れたよ〜」と言って
見せてもらった赤地に金文字で「隷書」が書かれてる布。
羽織になってやってきました。素晴らしいっ!!
書道教室にピッタリじゃないですか。

100625_0055~01.jpg

スゴイね〜着物をちゃっちゃか縫う人がいるんだもん・・・
冬になったら着てみよ〜〜。楽しみです。


posted by sanoa at 08:17| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

師匠と弟子

100620_1405~02.jpg

書の師匠が久々に友人のギャラリーで個展をするというので、見に行った。
広尾駅から徒歩3分の好立地。
あまり広くないので小さい作品がメイン。

100620_1405~01.jpg

大きいのは、数点。左の拓本は中国の西安に石碑として飾られてるもの。

100620_1414~01.jpg

ポストカードなんかも充実してて驚いた。いつの間に・・・

100620_1406~01.jpg

さすが広尾、殆どの作品にお買い上げマークが付いてたよ。

そんな師匠の弟子は、思った時に書き散らしてあっちゃこっちゃに
ほったらかしてる絵が出てきて、どうしたもんかと考える。

100611_1323~02.jpg

たぶん電車の中で前の人を描いてたんだと思う。けど覚えてない。

100611_1323~01.jpg

これは覚えてる。
中野のベローチェで高橋“トラブリュ〜”ジョージみたいな人が、
子どものように椅子をぐらぐらさせて、歌を歌ってた。
「お、ま、えサーファーガーおいらロッケンロォーラ〜♪」

100611_1356~01.jpg

どこか道ばたで寝てたネコがあまりにもオヤジ顔だったもんで、
描いた覚えがある「オヤジネコ」。そのまんま・・・

こんな絵じゃ誰も買い手がつかないな・・・


posted by sanoa at 05:27| Comment(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

お手本づくり見本づくり

100603_2337~02.jpg

週末の古代文字教室用に、お手本づくり。
下調べしていろいろ書いてると止まらなくなる。

100603_2339~01.jpg

この「憂」という字がカワイイ。
誰か近しい人が亡くなって、頭に喪章の布飾りを付けた人が
横を向いて、嘆き悲しんでる様子です。
こんなふうに絵と字の境目にある字がおもしろいな〜

100522_2327~01.jpg

お手本とは別に、見本も作る。
ポストカードや名刺、真四角や楕円とか・・・
いろんなサイズの和紙がある。便利になったもんだわ。

100522_2328~01.jpg

こうすればホラ、ポストカードの簡単掛軸。
おほほほ〜
書いてみたくなった?書きたいよね?書きたいって言ってー!!


posted by sanoa at 05:37| Comment(7) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

図録とイベント

100304_0011~01.jpg

毎年秋にやってる書道展の図録を、手作業で作ってる。
ここに入門してかれこれ10年になるけど、もう6冊できた。

100304_0031~01.jpg

最初は、書展の様子をビデオに撮ったものが配られてたけど、
ウチにはもうずっと前からビデオデッキはないので、困ってしまい、
ある時勝手に図録を作って、こうしたらどうかと提案してみた。
それが採用されて今に至るのです。

毎年10月にはみんなに渡せてたのに、今年はズルズルと引っ張って
とうとう3月になってしまいました。
半年かかってようやく出来上がり。
なんてったって書道をやる人には高齢の方も多いので、
作ってる間に亡くなってしまった方もいて、せつねーでやんす。

100304_0011~02.jpg

左から2番目がアタクシざんす。見えないけど。


あったかくなってくるとイベントがいろいろでてきますな。

100311_1854~02.jpg

4月1日吉祥寺井の頭公園でお散歩撮影会をします!
「デイズフォト通信」で、定期的にやってる杉並のお散歩写真を、
場所を吉祥寺に移して開催。
まだサイトにはなんにも載せてないんですが、
サンケイリビングが出してる「リビングむさしの」という新聞には
表4使ってどどんと出てます〜

お花見シーズンの井の頭公園たらば、足の踏み場もないくらいごった返しですけど
そこを撮影して回ります。大丈夫なんでしょうか……


4月29日(木)春のカメデショーがあります。これは第12回かな?
今回なんの準備もできないので甲羅屋は不参加です。
11月のカメデショーには参加する予定です〜
カメデショー

5月1日〜2日は、地元のアートフリマです。
まだ出展するかどうか決めかねてますが、どっちにしろ遊びには行く予定。
アートフリマin千倉

posted by sanoa at 20:36| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

龜甲展と酒洛

100123-1.jpg

上野の森美術館で開催してた「龜甲展」に行ってきた。
開催してる「龜甲会」というのは、古代文字書家の加藤光峰さん主催の会。
たまにあちこちで見る、ほうきのような筆を使って
6畳くらいの紙に古代文字を書いてる人。
加藤光峰の世界

ワタシが古代文字教室をやってるのも、ここの門下の人と
お知り合いになったのがきっかけです。

この展覧会も天井まで3mくらいの、
その上で暮らせるんじゃないかっつーくらいデカイ作品ばかり。
書く方も大変だけど、表装するのも運搬も保管も大変そう。
空調のきいたデカイ倉庫を持ってる人たちなんだろか、
と、作品見ててもいらぬ心配ばかりしてしまう。

作品横に貼ってある、作者の写真が見事に白髪の方々ばかり・・・
それくらいにならないと、こんな大きな作品を
制作、維持できないというコトなのかもしれない。


そのまま、今度は自分の書道教室の新年会で高田馬場へ。

100123_1945~01.jpg

高田馬場に2軒ある「酒洛」のオーナーは、ウチの教室の生徒さんなので、
店の名前から、箸袋、枡のデザイン等々、店内あちこちに先生の書があります。

100123-9.jpg

昨年末の昇級試験に受かったので、賞状をもらいました。
いやはやテレくさいやね。来年からどんどん大変になるので、
ここで受けるのをやめるべきか、挑戦するのか悩みところです・・・

posted by sanoa at 08:53| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

かきぞめ大会

今日は、今年最初の書道教室なので、
かきぞめ大会にしてみました。

100117_1809~01.jpg

詳しくはコチラ「高円寺書道部」

着物で来るという人がいたので、んだばオリも……
と、こないだアンティーク着物屋さんで見つけた
セパレーツ着物を着てみました。
いわゆる作務衣ってヤツです。

100117_1600~01.jpg

中に黒いトックリを来たら、忍者みたいになってしまいました。
しかも着物にニット帽・・・なんでもあり。
でもってその着物、よくみたら「○○総本店」という
タグがついてました。
旅館か居酒屋か何かの、制服だったのかもしれません・・・

月末にもう一回かきぞめやりまーす。

posted by sanoa at 01:29| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

めでたい文字

日曜日のお習字教室は、年賀状スペシャルだったので、
めでたい文字のお手本を用意してたのだけど、
あっという間に飽きてしまって、
気が付いたら黙々と、関係ない文字を書いて遊んでしまった。

091213-1.jpg
「福寿」とか「春風」とかめでたい文字〜
091213-5.jpg
お教室で配るお手本〜〜

091213-2.jpg
091213-3.jpg
石鼓文の配置を変えたり・・・

091213-4.jpg
人さまの家のお犬様のお名前書いたり・・・

091213-6.jpg
写真送ったら気に入ってもらえたので、
壁掛けに簡易表装してみました。

手前に写ってるのは、もちろんライカー、データ、
そしてキャプテンカークですけど?

それから、わけあって書道のお教室のブログを独立させました。

koenjisyodobu.gif

posted by sanoa at 05:07| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

夜露死苦愛羅武勇!

昨日も古代文字教室でした。

091108_1921~01.jpg

091108_1922~02.jpg

名前がひらがなやカタカナだと、漢字を当て字したりします。
角数の多い漢字を当てると……暴走族になってしまいます。
筆じゃなくてスプレーで描いた方が・・・
今回は英語の名字が2つもあって、ちょっとおもしろかったです。
生徒さんさしおいて、自分がいろいろ遊んでました。

漢字に英語を加えると、いい感じになるので
文字のデッサンができてきたら、1枚ものの作品になるよう
いろいろ組み合わせていきます。

091030_2226~01.jpg

日本版のCDジャケットの題字や、ライナーノーツの制作を手伝った
外国のアーチストが、日本公演に来日していたので
プレゼントの書パネルを作りました。(右側)

何の字を送ろうか考えた時に、ぐるぐる回るイメージがあったので
「還」という字を選び、その意味を友人に英訳してもらいました。
そしたら偶然今年還暦だそうで。

左側の龜は「カメデショー」に持って行きます〜。

「デイズフォト教室レポート」で、
簡単に文字の説明載せてます〜

posted by sanoa at 21:19| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

楽しそうな大人たち

月2〜3回ペースでやってる古代文字のワークショップ。
今回、カメダチの「かめ○まる」くれよんさんが来てくれました。
もちろん書くのは「亀」!

091024_1917~02.jpg

自由です・・・

他にも宇宙人みたいな「翼」だったり・・・

091024_1903~01.jpg

犬みたいな「空」だったり・・・

091024_1900~01.jpg

古代文字と言っても形のおもしろいものを選んでるので、
古文、甲骨、金文、篆書、隷書、いろんな書体がまざってます。
とりあえず、筆のいれ方とか“とめ”とか“はね”とか書き順とかにこだわらず、
筆を使って楽しく描ければいいかな〜と思ってます。

091024_1917~01.jpg

個々の文字が描けてきたら、それらを組合わせてマークっぽく作るのもよし。
さすがイラストレーターさん、かっちょいいです。

11月の予定は8日と21日に決まりました。
「ふらっと体験書道」


posted by sanoa at 00:25| Comment(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

大人チャレンジ!

091013_1940~01.jpg

昨日は大人の書道教室。
遊んでるわけじゃないです。れっきとした「字」を書いてます。

人間の集中力ってそんなに持たないハズだけど、
筆を持つと案外集中できるもんです。

このワークショップをやってる場所は、
中央線の高架下で、上をバンバンひっきりなしに電車が走ってるんですが、
最初「結構ウルサイね〜」なんて言ってたのが、
不思議とまったく聞こえなくなるんですよー
おもしろい・・・

091013_1941~01.jpg

↑「秋」という字の昔の字には「虫」が入ってます。
左側にある「禾」は穀物を表すんですが、
秋になるとイナゴ発生するんで、それを火であぶって駆除するんです。
で、難しい「虫」を省略して、「禾」と「火」だけ残ったんですね〜
この人は、虫を火であぶることに情熱を向けて書いてました。

無事に虫を焼き殺したみたいなので、来年のベランダ菜園は豊作でしょう。
「さみしい女は野菜を植える」

今月は、あと24日にもあるんで、お時間ある方はぜひ〜〜〜
手ぶらでいらしてください〜〜
「ふらっと体験書道」


posted by sanoa at 09:06| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

一書去ってまた一書

090927.jpg

ざんっ

書展でいただいたお花を、みんなで分けてもらってきました。
なんでしょ…みなさん「枝ものはちょっとねぇ」とおっしゃるので
残った枝ものをもらってきました。

何が大変て、コレと1mある作品をバイクで運んだこと。
青梅街道をよろよろ走ってた、黄色いバイクはワタシです。

あいにく枝きりバサミが壊れてて、枝をつめれなかったので
そのまま花瓶にぶっさしました。これでも高校は書道部&華道部です。
横に2リットルボトルがあるので、大きさを比べてくださいな。
デカイ、デカすぎるよ!

床に置いておくとヨンカメに引っくり返されてしまうので、
机に飾りましたが、仮矢崎先生なんとかしてください!って感じ。

とりあえず今年の展覧会も、無事に終ってホッ・・・・

とできないのが悲しいトコロ。
実は明日締め切りの、段級試験をやらにゃならんのです。

090908_1314~0001.jpg

今年はランテージョのソーショとラフージョのレーショ。
トッポジージョやロナウジーニョの仲間ではありません。
正確には蘭亭序の草書と、羅浮帖の隷書を書きます。

090913_0321~0001.jpg
090913_0322~0001.jpg

まず半紙にデッサン。
それから大きい紙に書きますが、全紙じゃないので机に広げ、立って書きます。
全紙を這いつくばって書いてると、かなり腰を痛めるんでね。

090917_2211~01.jpg

もう結構書いたんで、大丈夫じゃないか、と思ったら

090927_2336~01.jpg

ゲ!全部ひと文字抜かしてるっっっ!バカ?ワタシバカデスカ?
おろろーーーん。明日まで果たして間に合うのか!
こんなブログアップしてる場合じゃないのは、ジュウジュウ承知・・・

posted by sanoa at 23:53| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

書展と脱ぎ捨てられたオムツ

今年も書道展始まりました。
今日さっそく来て頂いた方々、本当にありがとうございます〜
明後日まで、都庁横にある新宿西口中央公園内の
新宿区民ギャラリーでやってますので、
お時間ある方は、ぜひ見に来てください〜

会場の様子はこんな感じ。
090925_1451~01.jpg
090925_1450~01.jpg

今年の作品はこんな感じ。石鼓文です。
090925_1445~01.jpg

ガゴーは佐野翠嵐、みどりのあらしと書いてすいらんと読むっ!
090925_1445~02.jpg

最近のお花はキレイですね〜
090925_1034~04.jpg

ひとまずギャラリーのお当番を終え、くたくたで家に戻ったら・・・
部屋のドアを開けた途端、ぷ〜〜んと漂う悲しいニオイ。
リビングにオムツが脱ぎ捨てられてました・・・
もちろん糞尿を目一杯吸収した状態で。
090925_1641~01.jpg

てコトは、ヤツは今まるはだか・・・(基本動物はハダカですけど)
排泄肛を床になすりつけながら、あちこち歩いたハズ。
臭いわけだよ部屋中が。
泣く泣く疲れた体にムチうって、床掃除がはじまりました。

しかし、よごれたオムツを脱ぎ捨てるなんて高等なワザを、覚えやがって!
頭いーじゃねーか、カワイイじゃねーかっ!くっ泣けてくる。
できることなら、新しいオムツに履き替えてくれるくらいかしこくなって欲しい。

※とんスピもアップしました。今日は短かめ。

※10月の古代文字書道教室、募集中〜!

posted by sanoa at 00:40| Comment(5) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

書2・亀4

●書1

古代文字のワークショップ。今回は小学3年生のお友達4人組。
みんな別々の学校に通ってるから、同じ自由研究を出してもカブらないそうです。
なるほどっ!

090817a.jpg

予め調べておいたみんなの名前の古代文字と、由来をひとりひとり説明。
漢字はネガティブな意味が多いけど、結構ウケてくれた小学3年生ナイス!

書を書き終わったら、自分で和紙の柄を選んでパネル貼り。
そして15ミリ角の消しゴムハンコづくり。しかもシャーペンで!
子どもにカッターや彫刻刀はキケンなのでね。

できた印を押したらパネルに貼って、出来上がり〜
子どもは自由でいいね〜

来週もう1度あります〜
子ども向けなのに、なぜか大人が参加するらしいです。
こうなったら誰でもいいですよ〜

090817b.jpg

これはサンプルで作ったパネル。もちろん亀と龍。

090817_1317~0001.jpg

●書2

子どもに教えてる場合じゃございません。
毎年の秋の書展に向けて、自分の作品の締め切りがせまってきました。
手のケガやギックリ腰で、這いつくばって大きな作品をかけない状態だったので、
ここにきてラストスパートです。

090813_1402~0001.jpg

・・・とか言いつつ3行書いて飽きました…。左足入り

090813_1855~0001.jpg

それでも夜中から朝までかかって、3枚書上げました。
・・・が・・・3枚とも字を飛ばしてたり、ひっくり返ってたりするのです。
当然すべて書き直し・・・あと一週間!果たして間に合うかー!
書展は、9月26日〜27日、新宿区民センターです〜

●亀1

神保町にあるブックハウス神保町に行ったら、季節柄戦争ものの絵本を特集してました。
戦争ものは無条件に涙が出てしまうので、なかなか外では見ないけど、
キレイなウミガメがあったので、思わず開いてしまった「ウミガメと少年」

090815_1217~0001.jpg

8年前くらいに出たものを、絵を変えて再販したもののようです。

内容は沖縄戦のコトで恐ろしくて読めず、絵だけを見てました。
少年が食べ物がなくて、ウミガメの卵を食べてる絵で、
なんとなくの内容の想像はついたのだけど、
次の絵、
空には戦闘機が飛び、真っ赤な炎で焼き尽くされてる対岸の町を遠くに見ながら、
こちら側の浜辺で、卵を産んでるウミガメ

の絵を見たら、なんだか涙が止まらなくなってしまい、
本屋で号泣してる変わった人になってしまった・・・

友達がそこで働いてたので、かろうじて「ひとりで号泣」は避けられたけど、
きっと「戦争」について泣いてるのだと思われただろうな・・・

本当は、人間がいくら戦争しようが、カメは毎年卵を産む、
それでも地球は回ってる、ってコトがせつなくて泣いてしまったんだけど・・・


●亀2

9月6日はカメデショーin高円寺だじょー!覚えておいておくれー

KDSK3.gif


090817c.jpg

●亀3

本家のカメデショーが復活するよ〜〜11月の終わりに2日間開催だよ〜
甲羅屋で申し込んだから、2日間とも行くよ〜〜〜

●亀4

あとカメデショーメンバーの中から、9月に本出す人がいるよ〜〜
メチャメチャかわいい本だよ〜〜〜楽しみだよ〜〜
もうすぐ発表になるから、早く見たいじょーーーー。



posted by sanoa at 22:19| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

苦行スイッチオン

右手や腰を負傷してるうちに、今年の書展用の作品制作期間に入ってしまった。
今年で9回目の出展になる。
1度だけ楷書で出したが、それ以外は全て隷書。
好きなのね、隷書が。

最初は全紙(一般的なサイズの中で一番大きいもの)の6分の1からはじめて、
たて半分の細長いサイズを2年、横半分の真四角サイズを2年ときて、
昨年から全紙に挑戦している。
そーゆーワケで今年も全紙にしよう、というのは決定。

090524.jpg
上から、草書、隷書、篆書、隷書
左は4文字、右は5文字。自分で書いててさっぱり読めない・・・
「花下忘帰」「長此聴センカン」

通常は、楷書、行書、草書、隷書(3種類の書き方)、篆書の5書体を基本に、
5文字で7種類、4文字で7種類、計14枚を、
本部の月例コンクールに毎月提出している。
そして年に一度、本部とは関係なくうちのお教室だけの展覧会があり、
その直後に、段級試験という、段を上げるための試験がある。
これはだいたい縦長の紙に3行くらい書いたのを、別書体で2点提出。

あらぁ〜まとめてみると、結構な提出物だわ・・・

で、突然今年は篆書をやるコトにした!
なぜか苦行スイッチが入ってしまったのだ!
しかも全紙なんて床に這いつくばらないと書けない。
果たして腰は大丈夫なのか・・・手首は・・・

090526_0824~0002.jpg

まずは半紙に書いて一文字づつデッサンをかためる。
ヨンカメ的には知ったこっちゃない。

090526_0920~0001.jpg

試しに半切をつなげて書いてみた。(全紙は高いからもったいないのだ)
た、た、ただ配置を確認したかっただけだだからっ!
は、は、はじめて書いたからヘタクソでもいーんですっ!

090526_0921~0001.jpg

うははなんだこりゃ字か?★か?
・・・これから9月までどんどん書き込んでいきます。



posted by sanoa at 09:18| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

長かった書展2008

CIMG0609.jpg

先月上海まで行ってやって来た書展を、この3日間、新宿で再度展示。
上海で公私ともどもいろいろあったので、
なんだかようやく終った気がして、ホッとしました。
あとは12月の段級試験の結果を待つばかり・・・

見に来て下さった方々、ほんとにどうもありがとうございます〜

081129_1546~0002.jpg

今回は例年に比べて、先生の出展作品が多かったので、
会場をブースで仕切って3部屋作りました。
これが一番左の生徒さんの部屋。
作品と作品がくっついちゃって、きゅうきゅうです。

081129_1546~0004.jpg

真ん中の先生の部屋。この右にもう1つ先生の部屋があります。

081129_1547~0003.jpg

遠目に見た自分の作品なんですけど、
ちょっと今回あんまり気に入ってません。
何十枚も書いたんですけど、どーも納得いく作品になってないです。

081129_1548~0001.jpg

幼稚園から書をはじめて、中学で一旦ブレイク。
高校で書道部だったものの、卒業から15年まったく書から遠ざかってました。
2001年からこの書塾に入り、また8級から取り直してようやく6段です。
先は長いですね〜〜

今回で15回目の書展になるそうですが、ワタシは8回の参加になります。
気が付いたら8回中6回も隷書を出展してました。
残り2回が楷書。
毎回、今度出す時は草書でもやってみようかと思うんですが、
いざ「作品」=「飾る」となると隷書を選んでしまいます。
それも字数が少ないものを。

楷書、行書、草書は、年に1度の段級試験の課題で書いてるので、
「作品」くらい自分の好きなものを書かせてくれぃ!
と、自分で自分に言い分けしとります。

あ〜〜それにしてもなんだか疲れた11月でした。
posted by sanoa at 03:00| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

シャンハイ書展のB面

「ブログ“だけ”見るとえらく高尚な感じするよね〜」

と、内情を知ってる友人に言われました…その通りです。
これぞブログマジック!
いいトコだけ拾って書きゃーいいトコだけしか見えないんです!
世の中そーゆーもんだす!

別にウチのお教室が二丁目方面だとか、内紛がぼっ発してエライことになってるとか、この展覧会自体中国人にダマされてんとちゃうんか?とか、なんでそんな莫大な金がかかるんじゃい!とか、魯迅記念館て個人目的で借りちゃいけないんじゃないの?とか、作品集が変なデザインで800冊のところ200冊しかなかったとか、表装がヒドいとか、そんなコトはどーでもいいんです。(誰も読んでませんように)

事実「魯迅記念館で書展」をしたのは間違いないんですからねっ

まーいろいろ裏がありまして、ただでさえお金のかかる「道」の世界。
お着物のオバサマたちと一緒に行動すると、やたらムダな金がかかるに違いねー
とふんだ、宵越しのゼニは持たねぇ千葉の江戸っ子は、
お教室のみんなで行く上海ツアーから一人離脱して、
エアもホテルもみなさんとは別に、個人で行ったワケです。
(実際個人で行った方が3分の1くらいに安くなったんですよ!)

しかもおこずかい1万円しか持って行かなかったので、
先生たちと一緒に行動したら、1回レストラン入っただけでお金がなくなります。
そんなワケでタクシーにも乗らず、1日4万歩歩いて行動し、
メシは屋台でテキトーに、みたいな生活してたら1万円で十分でした。
お土産買って、筆を3本も買えたし。
もれなくメラミン入ってそうな牛乳も飲んだし。

s2-006.jpg

そういうビンボー人は、こんなトコロをウロついてたワケで、
中国一の都会と聞いていた上海、どこが都会やねん!
と、ピカピカな上海を見せたい人から、怒られそうな感想を持ちました。

s2-005.jpg

立派なビルとバラックが一緒になったトコが、ちょっと前の新宿西口な感じ〜

おおそうだ、ここはカメブログ!
カメを探さねば!・・・とやってきた骨董品街。

s2-004.jpg

一応カメがいることはいるけど・・・
どれ見ても「高円寺で買えるわ」と思うものばかり・・・
あ、そういえばここで怒った中国人に100元札投げ付けられたんですわ。

s2-001.jpg

どうも上海は「街カドのカメ率」が低いです。
台湾や韓国は、街の建造物の中にやたらめったらカメがいたので、
今回も期待してたのですけどねぇ・・・
そう言えば香港もカメ率が低かった、そうか!
中国や香港は「龍」率が高いんだ!と気が付きました。
カメにしても龍と合体した「玄武」はいるんですよね〜・・・

カメはどこに・・・と探したら上海博物館にたくさんいました。
印の取っ手のトコロがカメだらけ。ちっこいちっこい

s2-002.jpg

あとキティちゃんの車と、メンズノンノモデル募集Tシャツです。
あんまおもしろい写真撮れなくて残念。

s2-003.jpg

悲しいのは、なけなしのお金で買ったお土産を、殆ど空港で没収されたコト。
たかが4〜5日、スーツケースは面倒なんで、
てさげカバンで機内持ち込みなのを忘れてた・・・
posted by sanoa at 19:29| Comment(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

日中友好書法展 in 上海

この連休に、上海で書道展をしてきました。
題して「日中友好書法展」

↓場所は、虹口地区にある魯迅記念館。なんだかやたら立派な場所です。

s-001.jpg

よくわからないうちに色々儀式が進み、よくわからないジーサンたちが来て
よくわからないうちにフラッシュがたかれ、記者会見みたいのが始まり、
よくわからないのだけど、この人たちはえらい人みたいで・・・
誰なんですか?誰かこのジーサン知ってたら教えてください。

s-002.jpg

そうこうしてるウチに、あっちゃこっちゃと連れ回されて
ようやく開幕式とあいなりました。
もちろん両脇にいるチャイナ服のオネーチャンは、CGです。

s-004.jpg

仰々しいテープカットより、アフロシャツの記者が気になってしょーがないです。
魯迅先生もいい顔してながめてます。

s-003.jpg

会場はこんな感じ。

s-004.jpg

アタクシの書はこんな感じ。
真正面から撮るとはずかちーので、寄り寄りの上げ上げで。
佐野翠嵐どすぇ〜よろしゅうに〜

s-006.jpg

お口直しに先生の書でも。

s-008.jpg

どうも中国では、書をなりわいとしてる人は、あちこちでデモンストレーションをしなければならないらしく、宿についても一筆、レストランに行けば一筆、お宅にお呼ばれして一筆と、やたら字を書かせられるそうで、今回もちゃんと舞台が用意されていました。
先生が書いてるのを吹き抜けの3階から写真撮ってみました。

s-009.jpg

いろいろいい勉強になりました。
posted by sanoa at 00:04| Comment(7) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする