2009年10月14日

大人チャレンジ!

091013_1940~01.jpg

昨日は大人の書道教室。
遊んでるわけじゃないです。れっきとした「字」を書いてます。

人間の集中力ってそんなに持たないハズだけど、
筆を持つと案外集中できるもんです。

このワークショップをやってる場所は、
中央線の高架下で、上をバンバンひっきりなしに電車が走ってるんですが、
最初「結構ウルサイね〜」なんて言ってたのが、
不思議とまったく聞こえなくなるんですよー
おもしろい・・・

091013_1941~01.jpg

↑「秋」という字の昔の字には「虫」が入ってます。
左側にある「禾」は穀物を表すんですが、
秋になるとイナゴ発生するんで、それを火であぶって駆除するんです。
で、難しい「虫」を省略して、「禾」と「火」だけ残ったんですね〜
この人は、虫を火であぶることに情熱を向けて書いてました。

無事に虫を焼き殺したみたいなので、来年のベランダ菜園は豊作でしょう。
「さみしい女は野菜を植える」

今月は、あと24日にもあるんで、お時間ある方はぜひ〜〜〜
手ぶらでいらしてください〜〜
「ふらっと体験書道」


posted by sanoa at 09:06| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へぇ〜秋という字にはそんな意味があったのね!
私がやってる火で炙る仕事も、名前との因縁があったりして。
いや〜漢字って本当に面白いもんですね☆
Posted by カチャ at 2009年10月14日 11:25
●カチャさん
あーーー!本当だ!
昨日も、偶然つけられた名前なんだけど、結構関係あるんだよね〜
って話ししてたの。
上で、亀という字を書いてる人は、結婚して「鳥」になったり、
名前全部に偶然「刀」が入ってたりね。
おもしろいね〜〜〜
ちなみに「家」は「神聖な場=家」を浄めるために、
囲い(うかんむり)を作って、土に「犬」を生け贄に埋めた形です。
今ブタの形になってるけど、それは犬ですから!
Posted by サノア at 2009年10月14日 12:27
18:30に高円寺はむーりーだー。
しかも今ギックリ気味。
自分の名前の漢字はけっこう面白いと思うんだけどねぇ・・・。
Posted by jjj♪ at 2009年10月14日 14:09
●ぢゅんぢゅんちゃん
そーなのよ、名字も名前もどっちも面白いよ。
土日出てこいやー
大きい作品作る書道部作るか?
袴着てヌーでパフォーマンスだ!
ないないない…そんな元気ない〜〜
Posted by サノア at 2009年10月14日 14:40
びっくりです!
書家という肩書きで活動してるとは素晴らしい!
いろいろ世界が広がってかっこいいなぁ。

いつか教室に行きたいですー
名前書いてみたいですー
Posted by アゲハ at 2009年10月15日 10:30
●アゲハちゃん
キミもスゴイね!東京マラソン!
走る人になっちゃってビックリ〜
まぁフジロックの人だったり、富士山登る人ではあったけど。
スゴイなー走れるって尊敬〜〜

今度お習字やりにきてきて〜〜
海って文字には「女」が入ってるんだよぉ〜〜
そういえば東京マラソンてどの辺にいたら見れるのかな。
Posted by サノア at 2009年10月15日 16:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]