2008年10月18日

シャンハイ書展のB面

「ブログ“だけ”見るとえらく高尚な感じするよね〜」

と、内情を知ってる友人に言われました…その通りです。
これぞブログマジック!
いいトコだけ拾って書きゃーいいトコだけしか見えないんです!
世の中そーゆーもんだす!

別にウチのお教室が二丁目方面だとか、内紛がぼっ発してエライことになってるとか、この展覧会自体中国人にダマされてんとちゃうんか?とか、なんでそんな莫大な金がかかるんじゃい!とか、魯迅記念館て個人目的で借りちゃいけないんじゃないの?とか、作品集が変なデザインで800冊のところ200冊しかなかったとか、表装がヒドいとか、そんなコトはどーでもいいんです。(誰も読んでませんように)

事実「魯迅記念館で書展」をしたのは間違いないんですからねっ

まーいろいろ裏がありまして、ただでさえお金のかかる「道」の世界。
お着物のオバサマたちと一緒に行動すると、やたらムダな金がかかるに違いねー
とふんだ、宵越しのゼニは持たねぇ千葉の江戸っ子は、
お教室のみんなで行く上海ツアーから一人離脱して、
エアもホテルもみなさんとは別に、個人で行ったワケです。
(実際個人で行った方が3分の1くらいに安くなったんですよ!)

しかもおこずかい1万円しか持って行かなかったので、
先生たちと一緒に行動したら、1回レストラン入っただけでお金がなくなります。
そんなワケでタクシーにも乗らず、1日4万歩歩いて行動し、
メシは屋台でテキトーに、みたいな生活してたら1万円で十分でした。
お土産買って、筆を3本も買えたし。
もれなくメラミン入ってそうな牛乳も飲んだし。

s2-006.jpg

そういうビンボー人は、こんなトコロをウロついてたワケで、
中国一の都会と聞いていた上海、どこが都会やねん!
と、ピカピカな上海を見せたい人から、怒られそうな感想を持ちました。

s2-005.jpg

立派なビルとバラックが一緒になったトコが、ちょっと前の新宿西口な感じ〜

おおそうだ、ここはカメブログ!
カメを探さねば!・・・とやってきた骨董品街。

s2-004.jpg

一応カメがいることはいるけど・・・
どれ見ても「高円寺で買えるわ」と思うものばかり・・・
あ、そういえばここで怒った中国人に100元札投げ付けられたんですわ。

s2-001.jpg

どうも上海は「街カドのカメ率」が低いです。
台湾や韓国は、街の建造物の中にやたらめったらカメがいたので、
今回も期待してたのですけどねぇ・・・
そう言えば香港もカメ率が低かった、そうか!
中国や香港は「龍」率が高いんだ!と気が付きました。
カメにしても龍と合体した「玄武」はいるんですよね〜・・・

カメはどこに・・・と探したら上海博物館にたくさんいました。
印の取っ手のトコロがカメだらけ。ちっこいちっこい

s2-002.jpg

あとキティちゃんの車と、メンズノンノモデル募集Tシャツです。
あんまおもしろい写真撮れなくて残念。

s2-003.jpg

悲しいのは、なけなしのお金で買ったお土産を、殆ど空港で没収されたコト。
たかが4〜5日、スーツケースは面倒なんで、
てさげカバンで機内持ち込みなのを忘れてた・・・
posted by sanoa at 19:29| Comment(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぶははははははははっ
このほうが、サノアさん“らしい”?(^^A;

ところで、なにをしたですか?
>怒った中国人に100元札投げ付けられた
Posted by うりゃ at 2008年10月20日 17:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]