2008年07月07日

鳳鳴朝陽龍翔景雲

10月11日〜13日まで中国・上海の魯迅記念館でやる書道教室の書塾展。
直の門下生は30名ほどしかいないのに、わざわざ中国行かなくても…
と思うのだが、決まってしまったもんはしょうがない。

いつもなら新宿のギャラリーなので、8月末までに仕上げればいいのだけど
今年は表装を中国でやるために締め切りが1ヵ月早まってしまった。
日曜日にみんなで選別をして落款を入れ、10日に先生が中国に持って行く。

080706_1529~0003.jpg

7〜8人の有志が新宿の先生宅に集まり、こんな風にして代わるがわる作品を持つ。
次から次へと作品をかかげ、くるくる動き回るので、えらく疲れるし腕も痛い。

080706_1418~0003.jpg

反対側では先生が、なんやかんやいいながら選別する。
ウチの先生ビミョ〜にモデルとかもやってるので、なかなかイロオトコ(?)。
イキナリau仲間由紀恵のお父さんになってたりするので、こっちがビックリ。

ワタシのは真ん中か右端のに決まったんだっけかな?
ほーめーちょーよー・りゅーしょーけいうん、て読みます。
意味は・・・・なんかめでたい!って感じ?

080706_1526~0001.jpg

ちなみに、ワタシは「全紙」に8文字だから間違えようもないけれど、
↑こんな!全部で数百文字書いてる人もいる!
しかもこれ2連ぷく。2枚で1つの作品。
しかもしかも、書いてる本人はなぜか脱字に気が付かなかったりするので
みんなで目を皿のようにしてじっと見る見る見る見つめる〜〜
せっかく書いても「一文字ない!」つーだけでボツ・・・ひー
いやー恐ろしい・・・

080706_1549~0001.jpg

選別し終わったら、今度は印を押す。
新人のおじさま達に押し方を教える先生です。
新人のおじさま達の方が年上だったりするので、一見どっちが先生かわかりません。

080706_1606~0001.jpg

わっちも落款に雅印を入れて終了です。雅号は翠嵐・・・アニメっ子かよ・・・

あー肩の荷が降りたたぁほんにこのこった。
もうあとはどんな表装になるのか楽しみってもんだい。
最近、杉浦向日子を読み返してるんで、頭ん中が江戸じでぇでこまっちまうよぅ。

上海展終ったら11月にまた新宿で2日くらい展示するんで、
お時間ある方は見にきとくんな。
posted by sanoa at 05:12| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お〜、素晴らしい!
仕上がったんですね。
字と絵の上手い人は無条件に尊敬する。
私もピアノ本番金曜です。
こっちは全然間に合ってない・・。
Posted by まだめ at 2008年07月15日 21:26
●まだめちゃん
なんとか仕上がりましたが、先生には
「もうちょっと書き込まないとね」と言われてしまいました。
トホホ・・・
Posted by サノア at 2008年07月16日 13:04
あの、白髪の方、
おひょいさんではありませんよね?
Posted by いずみ at 2008年07月17日 00:42
●いずみちゃん
うはは、おひょいさん!似てるといえば似てるかも〜
諏佐玄麟と申します〜
Posted by サノア at 2008年07月17日 01:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]